フリーランスエンジニア実体験ブログ(4年目)

ド田舎から地方都市(名古屋)に出てフリーランスのシステムエンジニア(プログラマー)として独立した管理人S。フリーエンジニアの現実やメリット/デメリット、事前に知っておくべき年収の相場、案件のお話をお伝えしています。

ブログ

Suit-Yaさんで安いオーダースーツを注文、そして到着!【2017/10/18追記:ちょっと反省…】

2017/11/20

【2017/11/20追記】

「どの色を選んだか、品番を教えて欲しい」との問い合わせをいただきましたので、品番と色味の比較写真を掲載しました。Suit-Yaさん品番[BK8003]の色味比較写真はこちら。

【2017/10/18追記】
購入する前に「ああしとけば良かった・・。」という反省を末尾に記載しておりますので、購入前にちらりと読んでやっていただけると嬉しいです。

さてさて、先日こんな記事を書きまして・・。

何しろ、オーダーメイドのスーツなんて、なんとなく「10万以上する、庶民が近づいちゃだめな世界」って思ってたんですけど、Suit-Yaさんというサイトなら、オンラインでかなりお安くオーダーメイドスーツを注文できるよ、と友人から教えてもらいまして。

で、見てみたら

え!29,800円で買えるの!?安いっ(@_@;)

と驚きの低価格・・。

そしてよく見てみると、「なーんだ、なるほど、ベトナム製なのね・・。」と、安い理由に納得しつつ、

でも、結局「安かろう悪かろう」なんじゃないの?

と思ったわけですよ。ええ。大企業の不祥事などもろもろあるとは言え、今のところはまだ「品質はやっばり日本が最高なんじゃない?」という、なんとなくの期待感ありますしね。

ところが、友人が言うには

あ、工場ベトナムだけど、経営者は日本人だよ。立ち上げるのかなり苦労したみたい。

とのこと。確かにこちらに書かれていて、品質にはこだわっているみたい。

また、こちらの紹介文でも社長さんのご苦労が滲み出ています・・。

と言うわけで、値段も安い、品質もしっかりしている、ということが分かり・・。

悩んだ結果、結局買ってしまいました、Suit-Yaさんのオーダーメイドスーツ。

でも、採寸とか面倒だよなぁ・・。

と思ってたんですが、スマホで丁寧な解説見ながら、多分15~20分ぐらいで終わったんじゃないでしょうか。

こんな感じでした。 #以下、リンクはアフィリエイトリンク(紹介すると管理人に紹介料が入る仕組み)になってますので、絶賛踏み放題です。

 

会員登録

まずは新規会員登録。初回クーポン1,000円OFF!を狙います。

Suit-Ya オーダースーツ会員登録画面
【Suit ya 会員登録】

 

登録完了するとメールが届くのでログインっと。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面1
【Suit ya ログイン画面】

生地やその他もろもろの仕様を決める

オーダースーツが欲しいので、メニューから「スーツ」選びます。すると、生地らしき写真が。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面2

ここからが選ぶのに大変でした・・。

これまでスーツを何着か購入して気づいたのは、

なんとなく「持ってるものと少し違う色」を選んでいたけれど、結局気に入ってるのは紺色だけ

ということ。

例えば、「黒系は既にあるからグレーを・・」「今度は薄く柄の入ってる濃いグレーで・・」なんて感じで、バリエーションを増やしていたんだけれど、実のところ、心の中ではお気に入りが決まっていて、それを着る時が一番嬉しい、ということ。

なので、今回は紺色(ネイビー)の一択で!

と思って眺めてたんですが・・。

なんなの!?この豊富な生地の種類・・。もうね、いろいろありすぎて、全部細かく見てたら選びきれない・・と途中で気づき、最初に出てきたネイビーの生地にしました、はい。

僕が実際に選択した品番は「年代を問わず大人気のネイビー生地[BK8003]」です。

※後日届いた時の感想を下の方に追記しました。想像していた色とかなり違っていて、「ちょっと失敗したなぁ・・」というのが正直なところです。ディスプレイで見た感じより、実物の方がかなり明るめの青だったので、「もう少し暗いネイビーだったら良かったなぁ」なんて・・。僕と同じ轍を踏まないように、下の方にある【2017/10/18追記】Suit-Yaさんからオーダースーツが到着!失敗談(というより反省点)と着心地のお話も読んでやってくださいませ。

色をイメージしてもらうために写真を撮ってみました。実際の色を伝えるのっで結構難しいんですよね・・。

明るい場所で撮影するとこんな感じ。手前がSuit-YaさんBK8003です。左奥はユニクロさんで購入したブロックテックパーカの「カラー:67 BLUE」で、鮮やかな青。右奥が黒いNORTHFACEのカバン。

Suit-Yaさん年代を問わず大人気のネイビー生地。[BK8003]色味の比較写真

Suit-Yaさんのサイトで掲載されている写真は少し暗めに写っているようです。同ページにある動画↓の方が、イメージに近い気がします。

この生地以外も、それぞれ動画の説明があるので、必ず見ておいた方が良いかと思います。

いろいろな角度から、色がどう見えるかが分かるので、「全然思ってたのと色が違う!」なんてことにならないかと。(僕も事前にちゃんと見たんですけどね。)

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・動画説明

で、生地を決めたら、「この記事でデザインする」をクリックして次へ。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・この記事でデザインする

次はボタンを選びます。

が、ここでも悩みます・・。

正直ね、どれ選んでいいのか分かんないんですよ。

二十代のころは、確かふつーにみんな2つボタンだったと思うんです。

でもいつからかよく分からないけれど、3つボタンで割と細身のシュッとした感じが流行っている気がします。

最後に買ったのは、確か3つボタンだったよなぁ・・と思って、3つボタンにしてみました。

(この辺り、例えば「40代の方はこちらがオススメ・・」「50代の方は・・」とか、はたまた「流行りに左右されず長く着られるのは・・」とか教えてくれると良いのになぁ。)

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・ボタンを選ぶ

で、次がラペルを選ぶんだそうで。よく見たら、ラルじゃなかった。ラルってなんなの?画面を見る感じでは襟?の形のようです。

「ビジネスシーンではノッチを選ぶと幅広く対応可」とのことなので、ノッチとやらで。(オバマさんが思い浮かぶのは僕だけだろうか。)

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・ラペルを選ぶ

 

そしてベントとやらを選択。なんとなく文章からオススメらしいサイドベントを選択、っとね。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・ベントを選ぶ

 

お次はポケット。これはどうも胸ポケットみたい。「スラントは斜めにポケットがつけられているためスリムに見える効果有り」とのことなのでスラントとやらを選択。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・ポケットを選ぶ

そして袖口。正直、どれでもいいです・・。

どれでもいいんですが、「本切羽も標準仕様とさせていただいております。これぞオーダーメイドスーツと自慢してください。」って書かれてりゃそれにするよね。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・袖口を選ぶ

お次はパンツ裾・・。そろそろ「なげーよ!」と思い始めるころなんですが、まだ道のりは半分ぐらい。頑張って進みます。

「礼服として着用も考えている方はシングルを選んだ方がベター。」というお言葉に素直に従います。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・パンツ裾を選ぶ

今度はタックの選択です。中学の頃に短ランにツータックが流行っていたような気がするなぁ。

シュッとした感じにするにはノータック(ノープリーツ)が良いのだろうけれど、そういえば最近ビール腹が・・Σ( ̄ロ ̄lll)

以前にスリムなパンツを買って窮屈だなぁ・・と思うことがあったので、今回は無理せず1プリーツ(1タック)を選択。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・タックを選ぶ

 

そして裏地。この辺も「何でも良いんじゃ・・」と思ったんですけど、総裏だと春や秋に暑いかもなぁ。冬は中にカーディガンとか着ればいいし。

という訳で背抜きを選びます。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・裏地を選ぶ

 

さらに裏地の柄。ずいぶんと選択肢が多いんです・・。ここで行ったり来たり。

次の画面でボタンを選ぶんだけれど、解説によると「ボタンと裏地、又は刺繍と裏地の色を合わせるとオーダースーツ上級者に近づけます。」ってさ。

で、ネイビー(紺色)の生地を選んだから、裏地も同じ紺でいいかなー、と思って進んでいったら、どうやらボタンにはネイビーの選択肢がないようです。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・裏地柄を選ぶ

こちらがボタンの選択画面。結局、裏地とボタンは黒にしました。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・ボタンを選ぶ

 

もうひといき、パンツを追加するかどうかの選択。多分そんなにヘビーに着ないので、今回は追加なしで。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・パンツの追加

お次はベスト。うーん、実は着たことがないんだよなぁ。なのでナシで。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・ベストを選ぶ

そしてネーム刺繍。色と文字(アルファベット)を指定できます。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・ネーム刺繍

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・刺繍の文字入力

ふー、「カートに入れる」をクリックしてようやく終了。あとは普通にクレジットカードの支払いへ。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・カートに入れる

採寸

採寸方法は4種類

さてさてお支払いが済んだら、今度は実際の採寸です。

採寸方法は4種類ほどあるそうですが・・。

Suit-Ya オーダースーツ注文画面・採寸の種類

  • 自己オート採寸
    • 希望のスタイルと身長と体重を入力することで、あなたの体サイズの指針を示します。その指針を参考に、自己採寸をして、サイズを登録することができます。
  • お気に入りを採寸
    • サイズの気に入っているお手持ちのスーツやシャツを採寸し、サイズをご登録していただきます。
  • 採寸代行
    • お手持ちのお気に入りのスーツやシャツを郵送してください。当店で採寸を致します。
  • 他社オーダーから採寸
    • 以前、オーダーしたことがあるオーダーシートを添付しお送りください。当店でサイズ調整しサイズを登録致します。

結局、うしろの3つは、「過去にオーダースーツを作ったことがある人」が対象なので、僕の場合は1つめの「自己オート採寸」一択です。

さて、予想していた通り、いろいろな個所を採寸する必要があるようです。

採寸する箇所は・・

画面キャプチャするとこんな感じで、たくさんあるように見えますが・・。

実際やってみたら15~20分ぐらいで終わりました。Suit-Ya オーダースーツ採寸

  • 身長
  • 体重
  • 好みのフィット感(フィットスリム/レギュラー/ゆったり)

を入力すると、デフォルト値がセットされますので、あんまり気にしない人はそのままでも良いのかも。

今回は折角なので、きっちりと測りました。

以下の流れで採寸すると、スムースに採寸できるかと思います。

Suit-Ya オーダースーツ採寸・やり直し1

スマホの採寸画面はこんな感じ。「?」アイコンをクリックすると、動画とテキストの解説が出現します。

 

  1. 支払い完了後、メールが届き、その中に採寸用URLが記載されてます。
  2. スマホでメールを開き、そのURLをクリック。
  3. 開くと、いわゆる入力フォーム画面になっていて、採寸した値を入力するフォームになってます。
  4. そのスマホを手に持ちつつ、家族や友人に「ごめん、採寸するから手伝って」と声をかける。もちろんメジャーも用意。
  5. (気付きにくかった気がするけど)各項目のそばには「?」アイコンがあって、それをタップすると採寸説明動画+採寸の詳細解説が出現。それを見ながら、一つずつ採寸し、その場で入力フォームに数値を入力していく。
  6. 全部測ったら送信!

以上!

あなたも女子とのイベント用にいかがでしょう。↓こちらからどぞっ。

【Suit-Ya】オーダースーツがすべて29800円 -ジャストサイズ保証、日本人クオリティ

さて、今回はここまで。ともあれ、あとは届くのを待つだけ、のはず。

35日ほどかかるらしいので、しばらく先になりますが、届いたらレビューしましょ。(気力があったらね・・)

【2017/09/10追記】…と思ったら、採寸に失敗していたことが判明!

これであとは待つだけ~♪と思っていたら、「採寸データがおかしいのでもっかい確認してね」とメール↓が届きました。

この度は、Suit Yaをご利用くださいまして、誠にありがとうございます。

いただきましたサイズを元に、専門スタッフにてサイズ確認をいたしまして、
改めてご確認いただきたい箇所がございましたのでお知らせいたします。

下記箇所のサイズを改めてお知らせ頂けますでしょうか。
また、目安は体型及びご希望のスタイルから当店のデータを元に出させていただきました。
ご参考までにご確認下さいませ。

――――――――――――――――――――――

■肩幅
体サイズ
→「40」 cmといただきましたが、バランスから致しますと通常「43」 cm前後となります。
■股上
体サイズ
→「59」 cmといただきましたが、バランスから致しますと通常「57」 cm前後となります。

再度採寸をお願いいたします。採寸いただきましたら、
マイページのサイズ確認フォームよりご登録をお願いいたします。
http://www.suit-ya.com/mypage/

そしてマイページへ飛ぶと、該当のサイズ欄だけが入力できるようになっておりまして・・。こんな感じ。

Suit-Ya オーダースーツ採寸・やり直し1

「?」アイコンをクリックすると、動画とテキストの解説が出現します。

Suit-Ya オーダースーツ採寸・やり直し2

サイズ入力欄と動画説明

Suit-Ya オーダースーツ採寸・やり直し3

動画の下に文章説明あり

多分、データ蓄積してるんでしょうねぇ・・。「実はこの数字じゃない?」っていうSuit-Yaさんからの推測サイズ、測ってみたら、まさにその通りでした。

そして「送信」っと。

今度こそ、きっと「あとは待つだけ」のはず・・。

【2017/10/13追記】Suit-Yaさんからメールが。発送されたってよ!

昨日、Suit-Yaさんから「航空便で発送されました」とのメールが届きました。

  • 2営業日前後で東京の配送センタ−に到着
  • 東京配送センター到着後、1〜2営業日でお客様の商品へプレスがけや再度検品等の配送準備。
  • (地域にもよりますが)1〜3日でお届け予定

とのこと。

にしても、作って送るだけじゃだめってことなんでしょうか。日本に届いてからプレスがけ+検品・・。結構、手間を掛けていらっしゃるようです。

また、Suit-Yaさんのメールに書かれていたのですが、サイズ保証をしてくれる、とのこと。

「少しサイズが違っただけで、わざわざ送り返して直してもらうのもなぁ・・。随分時間かかりそうだし・・。」

と思って内容を見ていたのですが、

初回の1着目に限り、弊社工場までお送り頂ければ無料でサイズお直し対応させていただきます。
又はお近くのリメイクショップでサイズお直しをお願いします。
リメイクショップでのお直し希望の場合は最大5000円(スーツ)2000円(シャツ)をお支払いし対応させていただきます。

とのこと。なるほど、良心的でございます。

(※ただし、Suit-Yaさんに送り返してサイズ直しをしてもらう場合、往復の送料はこちら持ちだそうです。)

 

前回、Suit-Yaさんから「サイズ確定しました」メールが届いたのが9月20日。発送までに23日ほど。トータルで35日ほどかかるとのアナウンスだったので、多分予定通り、ということですかね。

※注意※ さっき見てみたら、「お届けまでに40日」になってました。Suit-Yaさんお忙しそうです。時期によって納期が変わるようなので、お急ぎの方はご注意を。↓こちらからお申し込みいただくと、管理人が喜びます。

【Suit-Ya】オーダースーツがすべて29800円 -ジャストサイズ保証、日本人クオリティ

楽しみに待ってみましょ。

【2017/10/18追記】Suit-Yaさんからオーダースーツが到着!失敗談(というより反省点)と着心地のお話

週末に家を空けていたんですが、10/14(土)に到着した模様。

いよいよ人生初のオーダースーツを着てみます。

(※ちなみに管理人は身長160cmと、かなり小柄です。)

 

Suit-Yaさんから届いたオーダースーツの入ってる箱。置いてあるCDは大きさの比較用です。ドライバーソフトウェアとか付いてませんからね。

Suit-Yaさんから届いたオーダースーツの入ってる箱。置いてあるCDは大きさの比較用です。ドライバーソフトウェアとか付いてませんからね。

 

Suit-Yaさんから届いたオーダースーツの入ってる箱を開けたところ

箱を開けてみたところ

 

箱を開けてSuit-Yaさんから届いたオーダースーツと初対面

箱を開けてSuit-Yaさんから届いたオーダースーツと初対面

ガーン…!

開けてみて最初にガーン!となったのが、生地の色でした。

かなり暗い、地味な紺色をイメージしていたんです。

が、届いたオーダースーツの色は、割と明るい紺色でした。

うーん、ちょっとイメージと違いました。が、交換してもらう訳にもいきません。

まぁ、気を取り直して、着てみることにしましょ。

今回の最大の反省点は、

オーダースーツを注文する時は、事前に生地サンプルで色味を確認すべし!

ということですねぇ・・。

(それ、普通でしょ・・と突っ込まれそうですけど。)

という訳で、Suit-Yaさんのサンプル生地請求はこちら↓からどうぞ。

【Suit-Ya】オーダースーツがすべて29800円 スーツ生地のサンプル請求ページへ

Suit-Yaさんから届いたオーダースーツの箱に入ってた、皺を伸ばす方法が書かれた説明書

しわを伸ばす方法が書かれた紙が入ってました

 

Suit-Yaさんのオーダースーツを着る管理人S(表)

Suit-Yaさんのオーダースーツを着る管理人S(表)

 

Suit-Yaさんのオーダースーツを着る管理人S(裏)

Suit-Yaさんのオーダースーツを着る管理人S(裏)

 

Suit-Yaさんのオーダースーツを着る管理人S(横)

Suit-Yaさんのオーダースーツを着る管理人S(横)

 

着心地のお話

 

いやー、さすがに着た感じ、とってもしっくりきます。

何と言うか、今まで買ってた激安スーツが2次元的な作りだとすると、オーダースーツの方は3次元的にきちんと作られている、という感じ。

とても動きやすいですし、何と言うか

「世間や社会や仕事からのドンヨリした重圧に縛られてる感覚が、かなり軽減される」

みたいな。(ちょっと言い過ぎ。)

パンツの方も、ピチピチになると動きにくいしイヤだなぁ、と思ってワンタックにしたんですが、考えてみたら太ももの太さ、ちゃんと測ってるんですよね。

なので、もしかするとタック無くてもきちんと動きやすいパンツになったのかもしれません。

という訳で、大満足のお買い物となりました。

スーツってかなりヘビーに使い倒す割に、あんまり買い替えることも少ないので、どうせ長く使うなら次回もオーダースーツにしよう、と思えるのでした。(この金額なのでそう思えるんですけどね。10万とかだと、さすがにそんな気にはならないですけど。)

くれぐれも、実際の生地の色味を事前にきちんと確認して、イメージ通りのオーダースーツを作っていただけたらと願う次第でございます。

(Suit-Yaさんでスーツ記事のサンプル請求が出来ますので、こちら↓からどうそ。)

【Suit-Ya】オーダースーツがすべて29800円 スーツ生地のサンプル請求ページへ

【2017/10/30追記】採寸会(オーダー会)というものがあるらしい。

Suit-Yaさんのメルマガでたまに書かれているのが「オーダー会開催」のお知らせ。

東京が多いのだけれど、地方(金沢とか名古屋とか)での開催もたまにあるようです。また、採寸会のみの割引(2着購入すると15%OFF、3着購入で20%OFFなど)もあるようで、「どうせならまとめて・・」という太っ腹な方はそちらで購入された方がお得なようです。

メルマガ登録しておくと、案内が届きますが、配信頻度が割と高いのでご注意を。

↓こちらから会員登録(1,000円割引クーポンももらえます)しておくと届きます。

オーダースーツ 【Suit-Ya】1,000円割引クーポン

新しい記事が追加されたらメールでお知らせ

新しい記事が追加されたらメールでお知らせ

新しい記事が追加された時、自動的にメールでお知らせ致します。 こちらのフォームにメールアドレスを入力してお申し込みください。

-ブログ
-, , , , , , , , , , , ,

オススメ

1
「いまフリーエンジニアになろうとしているあなたへ」電子書籍、発売しました。僕が経験した暗黒時代、そしてフリーランスになる直前までを無料公開中。

電子書籍、発売しました。Kindleでお読みいただけます。Kindleオーナーシップライブラリー、Kindle Unlimited対象作品です。 このページでは、「はじめに」の自己紹介から、僕が経験した暗黒時代、そしてフリーランスになる直前までを無料サンプルとしてお読みいただけま ...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。