071.BeatFit/ザクを動かして学習/老後にお金が無くても■箱を開けたら粘土だった

目指すは”どこでもジム”。BeatFitが目指す新時代のフィットネスの形 | AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア

  • フィットネス音声ガイドの定額聴き放題アプリ「BeatFit」
  • 様々なジャンルのトレーニングをサポートする音声コンテンツを毎週配信、月額980円~
  • 運動時間も5分から60分まで選択でき、入門から上級まで、飽きずに取り組めるようコンテンツを設計
  • BeatFitを聴きながらトレーニングすることで、コーチが耳元でアドバイスしてくれる感覚が味わえる
  • 音声・動画それぞれのメリットを活かすため、トレーニング指示は音声、How To系は動画

いくつかサンプル音声を聴いてみたんですが、「Yo!Yo!Yo! 今日も張り切っていきまっショー!」みたいな感じでした。ノリノリで体を動かす、って結構楽しそうです。

通勤で歩いてる途中に聴いてるウォーキングのポッドキャスト番組はこちら。

ジークジオン! 自らが作り上げたザクが動く感動を「ZEONIC TECHNICS」 – bouncy / バウンシー

  • モビルスーツ開発をしながら、ロボティクスやプログラミングの基礎を学べるSTEM(Science, Technology, Engineering and Mathematics)学習コース。(中学生以上が対象)
  • 全高約30cmのザクをパーツ単位でステップアップしながら、オンラインマニュアルを参照して組み立てていく
  • 付属の冊子でロボティクスの技術や知識を学ぶことができる
  • 専用のアプリで、基本動作以外にも課題を学習しながら自由に動かすことができる
  • 2019年10月~受講予約開始予定。価格未定

老後に金がなくても楽しく暮らすために今から準備しておくべきこと|ふろむだ@分裂勘違い君劇場|note

  • 「カネを使わずに人生を楽しむスキル」の鉄板中の鉄板は、創作スキル。が、未経験者がいきなり創作をやっても、まず楽しめないので早めに創作スキルを獲得すべし。
  • 鉄板2つめ:「調査・研究」スキル
  • 鉄板3つめ:友達を作るスキル
  • 鉄板4つ目:料理スキル
  • 鉄板5つ目:歯ごたえのある本を読む読書スキル
  • 結局のところ、カネよりもむしろ「遊びを楽しむスキル」の方がキモ

    いかに好奇心を失わずに生きられるか?が重要なんだと思いまする。

【Twitterでコメントする】

 

フリーランスエンジニアのひとりごと

先日奥様が2台目のキーボードを買いました。

以前使っていたのがリアルフォースの偏荷重タイプ。

「買ってから10年近く経ったし、最近腱鞘炎がひどくて…」とのたまいまして、今度は realforce の新しい世代、キー荷重 30 g のタイプを購入されました。

たっかいキーボードをよくもまぁ…と思いつつも、ブランドもののバッグとかには全く興味を示さない人なので、まあそれはそれで良いのですが、届いた商品を開けてみたら…。

なんと箱の中には粘土が!

どうやら、AmazonのFBAを利用した返品詐欺みたいです。

  • Amazonで購入
  • キレイに開けて重さでばれないように粘土入れる
  • 完璧に梱包して返品
  • Amazon創庫で「このまま再販OK」と判断され在庫++
  • 次の人に粘土が届くと

と言う流れみたい。

購入側は事情を説明すればAmazonから返金されるから良いのですが、販売している側はさぞかし大変でしょうねぇ…。

番組へのご意見はこちら

ご意見、ご感想、はたまた「ゲストとして出てみたい」という方からの応募も募集してますので、こちら↓のページにあるコメント入力フォームから送信いただければ幸いです。

企業さま、個人開発者の方など、「これ告知したいんですけど」というお申し込みも歓迎です。

もしくは、Twitter でハッシュタグ #テクフリ でツイートしていただいてもOKですっ。

 Twitterでコメントする